雨漏りが発生したときの最適な処置の仕方

バケツや新聞などで雨漏りの応急処置をした後、場所の確認や原因を考えて対策を決めます。

雨漏りの処置を行う業者を選ぶ時は比較して決めよう

実績のある専門家から選ぶ

屋根や壁などが雨漏りの原因箇所となりますので、住宅工事事業者や大工などで雨漏り修理の実績のある専門家に依頼すると良いでしょう。専門家に依頼すれば修理経験が豊富ですので信頼できますし、修理に必要な専門用具を揃えており結果の高品質が期待できます。

雨漏りの場所の違いで選ぶ

雨漏りしている箇所によって、修理の専門家が違ってきますので適切に判断しましょう。もし外壁から雨水が漏れているなら外壁工事の専門家へ、または屋根が原因となっているなら屋根の職人や業者がおすすめです。窓のサッシが劣化しているなら、サッシ屋に相談します。

火事などの大事になる前に

雨漏り

大雨被害が続く日本列島の昨今ですが、この大雨から住宅の雨漏りに気がついたと言う人も多いのではないでしょうか。雨漏りには多くの原因があると考えられ、その原因を見つけることが容易ではありません。多くは屋根やサッシの劣化や防水処理の劣化、中には塗装やコーキングのミスと言うことも考えられます。そんな雨漏りを改善するためには、まず雨漏りの場所を確認することが大事なことです。雨が降っている時ブレーカーが落ちるなどが起こった時には、漏電の心配をすべきで一日も早い修理が必要になります。火災は起きてからでは、リフォーム処の騒ぎではありません。まずは業者探しをすぐにすることが必要です。

保険が効く場合も

雨漏り

雨漏りを感じた時、まずは個人で修理出来る場所なのかと言う確認が必要で、簡単な場ならば業者に依頼せずに済む場合もあります。しかし大掛かりな雨漏りや場所が固定出来ないなど業者に頼ることが必要な場合は、早めに手配しましょう。時期が重なると人手不足と言うことで、工期が遅くなることが考えられます。雨漏り修理業者探しは業者の数も多く、簡単に決めることはしにくいと言われますが、経験の長い所や実績数の多い所を選ぶことも良い方法になります。また火災保険が適応になるのかと言う確認も必要で、ダメ元で保険会社へ連絡入れることも行うと良いでしょう。

早めの原因追及を

雨漏り

雨漏りの多くは、屋根か外壁塗装の剥がれが原因と考えられます。屋根が劣化した場合では屋根材が破損していたり、屋根と外壁の間に歪みが出来たり、防水シートが傷んで来たなどの理由があります。また外壁が原因と言う場合では、外壁の劣化からヒビ割れが起きていたり、コーキングの劣化などがあり、時には窓枠の傷みなどからも雨漏りが起こると言うことも有り得ます。放っておくと、カビやシロアリが発生することになり、住宅全体への問題へ広がる恐れも十分に考えられることになります。

業者選びの重要さ

雨漏り

雨漏り修理業者探しは、ホームページから探すことが多くなると思われますが、キチンと見積もりを作ってくれる業者を選びましょう。数社から見積もりを取るのは当然のことになりますが、見積もり書の内容を確認することが大事です。大雑把な費用計算をしている業者より、キチンと積算された見積もりが良い業者と考えて良いでしょう。安いから良いと言うのではなく、誠意ある仕事をすることが重要だからです。

広告募集中